事業の継続に役立つm&aの取組を理解しよう

ハッピーM&A

ビル

会社の統合

一つの会社が十年続くためには大変な努力が必要です。それを二十年、三十年と続けていくのであれば、会社の統合や合併も考える必要があります。統合されることでパワーアップも期待できますし、今までできなかった事業も始めることが可能になります。

コンサルティングのことも知ろう

Business

フローと譲渡の形式を確認

友好的にm&aを行なうには、専門にコンサルティングを行なっている会社に頼むとスムーズにいきます。コンサルティング会社にサポートしてもらえる部分を確認しつつ、売り手と買い手どちらも得をするm&aを行なっていきましょう。

READ MORE

友好的に進める方法がある

握手

近年のイメージ

m&aというとき、多くの人が野球球団の売却や銀行の統合をイメージするでしょう。その他にも、敵対的m&aなどの悪いイメージもあります。m&aは決して敵対的なものだけではなく、友好的なものもありますので、そういったイメージを払拭していくのが理想的です。
海外からきた考え方であるため、よく分からない、日本人のメンタルにはそぐわないこともあったためあまり認識度が高くなかったm&a。近年ではこの考え方が変わってきているといいます。企業の経営者が積極的に会社を売却するようになったのです。特に40代の経営者にその傾向が強く、友好的なm&aを駆使して短期間で成果が出るような工夫をしているといわれています。

業界でも注目度が違う

企業の再編というものは業界ごとに波があります。もし自社の所属している分野でm&aが注目されており、会社の立て直しを図りたいのであればm&aも注目してみると良いでしょう。一番最近で再編が一応落ち着いたといわれている業界が、
「ガソリンスタンド」
「タクシーやハイヤー業界」
「医薬品卸」
などですが、医薬品卸業界が再編するということはドラッグストアも影響を受けるということになります。このため、注目するべきは直接関わりのある企業だけでなく、業界や隣接する業界全体だといえるのです。

そして常にm&aが行なわれている業界もあります。それがIT業界です。ソフトウェアやIT技術は年ごとに新技術が開発され、そのために業界の再編も必要になってくるのです。IT業界は第一次や第二次など、大きな再編の時期が過去ありましたが、現在は年商の高い会社に売却する傾向が強くなっているといわれているのです。
派遣業界ですが、登録者の減少もあり、大手以外は統合の動きをみせています。

こういった傾向がある中で、売却を迷っているなら売った方が良いといわれています。再編が活発だということは、買い手が多いということを指すからです。事業がうまくいかない、継承者を見つけたい、しかし従業員の働く先を勝手に潰すわけにはいかない、そう悩んでいるなら今なら良い買い手が見つかるかもしれないので、m&aを検討してみるのも良いかもしれません。

後継者の問題

m&aは成長や再編を目的としたものもありますが、一方で後継者の問題を解消するために取り組まれるものでもあります。
最近60代や70代の経営者に多くなっているのが、会社の跡継ぎがいないという問題です。身内に跡継ぎがいないのであれば、会社をたたむことを検討することになりますが、それでは今まで築いてきた取引先との信頼関係も、従業員の生活の糧もなくなってしまいます。それを避けるために、m&aを行なって事業継承をしていくのです。
中小企業や零細企業では、そういったm&aのノウハウをもっていない人も多いですが、そういった場合は専門のコンサルティング会社に調査やプランニングを頼むことができるようになっています。m&aに関してはこの最初のプランが最も重要だといわれているので、しっかり取り組めるようにコンサルティング会社と相談していきましょう。

企業買収は専門のコンサル会社に依頼状況に沿った戦略を提案してくれる
広告募集中