どのようにm&aが行なわれるのかを確認していこう

ハッピーM&A

フローと譲渡の形式を確認

Business

売却・買取までの流れ

友好的なm&aが行なわれる流れを確認していきましょう。

1. 相手の候補をあげる
2. 売り手と買い手同士のトップが会合を開いて合意形成する
3. 買収監査を行なう
4. 契約
5. クロージングに関する契約の実行

以上のような流れになっています。

どうサポートしてくれるのか

この過程は基本的には会社同士で行ないますが、m&aのプロがいるわけではないので、単独で行なうのはかなり難しいでしょう。そのためコンサルティング会社が仲介やサポートに入るのです。
どういった点をサポートしてもらえるのかというと、まず1の候補を挙げて交渉する段階では、譲渡に必要なプレゼンのアドバイスを行なってもらえます。このプレゼン資料に関しては、コンサルティング会社に作成してもらうことも可能なので、相談してみましょう。交渉に関しても頼りにできます。
譲受候補企業との交渉に関しても、交渉技術のあるコンサルティング会社に任せた方が安心ですし、2の段階のミーティングに関しても、セッティングまで行なってくれます。難しい契約書でもきちんと確認する必要がありますが、それに関しても解説をしてくれるので安心でしょう。

譲渡の形式がある

その他、譲受の確認は多岐に渡りますが、譲渡する側としては株式譲渡にするのか事業譲渡にするのかを確認し、それを受け入れてくれる会社と交渉をすべきだといえます。コンサルティング会社とよく内容を詰めて確認するようにしましょう。
まず、株式譲渡のことですが、これは会社が所有している株式をそのまま譲渡する方法です。この方法を行なうことで、会社全体を相手に譲ることができます。基本的には株式会社でも株主が企業の役員であったりしますが、これだと簡単に済ませられるでしょう。そうすれば、所有している不動産や店舗もそのまま相手側に譲渡されることになります。経営者が大手株主である場合にはよく行なわれる方法です。
次に、事業譲渡の方法ですが、これは事業や店舗の権利を譲渡する方法です。これが譲渡されると、店舗を売却したお金が売り手の手に入ります。そのため、店舗を複数所有していて、それを再編したいという経営者に打ってつけの方法です。

専門業界のコンサルティング会社

このような譲渡に関しては、現在様々な業界で行なわれており、企業にサポートを約束するコンサルティング会社も増えています。
そんな中で、コンサルティング会社には一つの業界に特化してサポートを提供しているところもあります。例えば医療関係の知識に強いコンサルティング会社が、医療や介護の企業を専門として、m&aを行なっているのです。そうすれば、専門的な相談もできますし、業界の状況に即した対応をしてくれます。

広告募集中